就職デビューサポート

漫画家やイラストレーター、作家、声優タレントなどのプロデビュー、プロダクション所属までの指導対策として、在学2ヵ年の短期間での成果達成のみとすることなく、卒業後の「デビュー作品指導」「アシスタント就職指導」「研究生制度」「教室教具の使用許可制度」などでのデビューバックアップ・システムを構築し、長期にわたりサポートを継続します。

確実にデビューを目指す
デビュー支援プロジェクト

プロデビューを目指す卒業生にも積極的に支援を行うのがニチマの特徴です。ニチマは開校時から、在学生期間を超えてのプロデビュー支援を重要視してきました。「プロデビュー」は、本人とニチマの共有できる喜びであり大切な目標のひとつです。業界の事情やその時代に合わせた最適なサポートを常に考えて実施していきます。

卒業後がポイント
卒業後もきめ細かなバックアップ体制で、
デビュー実績を着実に積み上げて行くシステム

漫画家デビューへの道

ビジネスマナー、就職ガイダンス、個人面談、作品制作、就職・デビュー活動を経て業界へデビュー・就職

Step・1 ビジネスマナー
Step・2 就職ガイダンス
Step・3 個人面談
Step・4 作品制作

応募規定に即した作品、作品集制作、作品ポートフォリオ、他

Step・5 就職・デビュー活動

投稿・応募
指導やアドバイスを受けたクォリティアップした作品を、各種新人賞等へ投稿・応募。

出版社審査会
学院内で開催され、大手出版社が作品を審査講評。担当付きのチャンスも。

持ち込み活動
ニチマでは「持ち込みツアー」を実施している他、「個人での持ち込み」も万全にバックアップ。

アシスタント
就職

プロ作家のアシスタントとして就職。目的はプロデビューですが、そのための手段のひとつ、また卒業時の進路として有効。

メリット・1
絵がさらに上手くなる
プロの現場で作業をこなすことで、画力がアップする。
メリット・2
人脈が広がる
編集担当との打ち合わせや漫画家同士の交友関係等、人脈が広がることは、デビューへのチャンスにつながる。
メリット・3
漫画家の仕事が理解できる
連載や多忙な作家の仕事のまわし方など、実践を通して漫画家の仕事が身に付く。
デビューへの第一歩
「担当付き」
出版編集部の担当が付いて「デビュー」に向かって作品を執筆します。プロデビューへのステップとして重要な時期です。

業界へデビュー・就職

声優タレントデビューへの道

ビジネスマナー、就職ガイダンス→個人面談→学院内オーディション、一般オーディション→合格→業界へデビュー・就職

ビジネスマナー
社会人としてのマナーやルールを身に付ける授業です。一般常識は声優タレントにとっても重要なファクター。業界へ向けての第一歩はまずここから。
就職ガイダンス
声優業界やタレント業界の現状や今後の展望、昨年度までの実績やオーディション対策に至るまで、きめ細かく指導します。
個人面談
学生一人ひとりに対して行う面談形式の進路指導。
学生個々の状況や実力、性格に合わせたアドバイスを行うことで、より的確な指導ができます。

学院内
オーディション
プロダクションや劇団の採用担当やスカウトマンなどが学院に直接来校して行われる「学院生のみ対象」のオーディション。会場となるのは普段のレッスンで使い慣れている教室なので、リラックスして臨めて有利。

一般
オーディション
各プロダクションや劇団などで行われる「一般オーディション」に参加するものです。学院生以外の受験者と一緒に受けるので、事務所や劇団の稽古場などで行われるのが一般的。もちろんどんなオーディションでも事前に担当講師が指導とアドバイスでサポートします。

合格

不合格
繰り返しの徹底指導

所属先
●プロダクション(声優・芸能) ●プロダクション付属養成所
●劇団 ●劇団付属養成所 ●その他の養成事務所

業界へデビュー・就職

作家デビューへの道

小説クリエイト・
マスターコース

小説クリエイトコースでは、卒業生を対象にマンツーマンでの作品チェック・講評・プロット相談などを行う有料支援プラン「マスターコース」を実施。安価なチケット制・予約制で、デビューを目指す多忙な社会人に対して効率的な作品制作指導、支援を行っています。

業界へ
デビュー・就職

業界メッセージ

「プロ意識が大事!」

株式会社 集英社 週刊ヤングジャンプ

プロの漫画家になるということは、自分の作品、ページ1枚1枚を読者に買ってもらうということです。その前提を意識した上で、新人作家が持つべき重要な視点は「読者の目を意識して客観的になる」ことです。つまり「自分の描きたいモノ=読者の読みたいモノ」という図式を成立させることです。
では、どうやって合致させるか。その手段は無数にありますが、常日頃から意識して学ぶことが大切で、その意識こそがプロ意識です。週刊ヤングジャンプは、その意識を見つける、育てるお手伝いをできる雑誌です。作家の情熱(推進力)を、戦略(方向性)によりデビュー(スタート)し、ヒット(ゴールではありません)させていきましょう!!

編集者
大熊 八甲先生

「声優はとても人気のある、魅力に溢れた職業の一つです」

声優養成事務所 株式会社シャイン

声優業界は競争が激しく、僅かな人だけが辿り着ける厳しい世界でもあります。私が仕事をする養成所はアクセント(1987年創業の声専門のプロダクション会社で現在約100名の声優が所属)の附属機関として、将来の声優を目指す若者たちを育てています。プロダクションに入ってプロとして仕事をする為には、短期間でしっかりした基礎力(発声、活舌、読解力)を身に付け、その土台の上に豊かな表現力を築いて行かなければなりません。精一杯の努力を重ねて勉強を続けない限り、プロのレベルに届かない事実は野球やサッカー、ダンスや音楽などあらゆる分野に共通しています。勉強をするのも、努力をするのも今です。今を大切にして明日を切り拓きましょう。チャンスを逃すな!

事務局長
武生 太郎先生